採用情報

7月(文月)の上生菓子が決まりました。

7月(文月)の上生菓子。

 

①願い星(ねがいぼし)

20180701

小倉餡包みの若草色と白きんとんソボロです。
練切の帯で天の川を表し、星をのせて『年に一度の再会』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント
七夕は、年に一度、天の川両岸にある彦星と織姫とが橋を渡り相合という伝説の星を祭る行事です。
五節句のひとつにも教えらています。
星の伝説をきんとんソボロを使い、練切の帯で「天の川」を表し、両岸に「星」を置いて、再会の『願い星』を表現しました。

 

 

 

②七変化(しちへんげ)

20180702

柚子餡包みの白雪平餅です。
五色のソボロと錦玉をのせて、梅雨の終わりの『あじさいの花』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント

紫陽花の花は、土壌によって花の色が変わります。
酸性が多い土壌には「青い色の花」が咲き、アルカリ性が多い土壌には「赤い色の花」が咲くそうです。
また、青い色の紫陽花は、日が経つにつれて、赤紫のような褪せた色に変化します。
これは花の老化現象によるものです。
七変化のように色を自由に咲かせる、梅雨の終わりの紫陽花を雪平餅を使い表現しました。

 

③朝の花(あさのはな)

20180703

薄紅色の白練切のボカシで、蔦(つた)と葉をのせて『朝顔の花』が目覚める瞬間を表しました。
中餡は黄味餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント
夜明けとともに咲き始める朝顔の花は、暑さにも負けずに涼しげに花を咲かせて朝から心が癒されます。
朝顔の蔦と葉も青々と茂り、涼しさを際立たせてくれていますね。
朝顔を練切餡を使い、今年は目覚める瞬間のつぼみを表現しました。

 

 

④向日葵(ひまわり)

20180704

黄色練切餡で「ひまわり」を型取り、青空に向かって咲く姿を現しました。
中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント
ジメジメとしていた梅雨が明けて、夏本番の季節がやってきました。
夏の暑さで体力が落ち気味になりますが、夏の青空と太陽に向かって咲いている姿を見ると元気をもらえる気がします。
自分の好きな花の向日葵を練切餡を使い、大輪の花を咲かせてみました。

 

 

⑤石竹花(せきちくか)

20180705

白餡に短冊切りした羊羹、真挽粉、花をのせて、涼しげに咲く『石竹の花』を表しました。
石竹は中国原産の撫子の花で、葉が竹に似ているところから名づけられたそうです。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント
石竹は中国原産の撫子です。
別名は唐撫子(からなでしこ)とも呼ばれ、葉が竹の葉に似ていて、岩場で咲くのに由来しているので「石竹」という名前が付けられました(※諸説あり。)
涼しげに咲く『石竹の花』を緑と白羊羹製の短冊切りを白餡につけて新挽粉で「涼風」を表し『なでしこの花』をのせてみました。

 

 

201807img

 

和菓子職人が丹精込めておつくりいたしました上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。 

30

…………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3
・Instagram:https://www.instagram.com/kuradukuri/
・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ (PC)
http://www.kuradukuri.jp/online/ 
・オンラインショップ (スマホ)
http://www.kuradukuri.jp/sp/
・【公式Youtube】くらづくり本舗1887
https://www.youtube.com/channel/UChjhUhuMT2TeIIQBz7KpHkQ

5月(皐月)の新作上生菓子が決まりました。

5月(皐月)の上生菓子。

 

①新緑(しんりょく)

20180501

小倉餡包みの若草色と白練切のきんとんソボロです。
錦玉を散らして、きらめく『新緑』の山並みを表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント
桜の花咲く桜色も終わり、少しさびしさを感じますが、桜も葉桜となるように色々な木々に若葉が芽吹いてきています。
その芽吹き出したばかりの緑のやわらかさや明るさが気分爽快にさせてくれます。
きらめく新緑の山並みをきんとんソボロを使い表現しました。

 

 

②淡紅牡丹(あわべにぼたん)

20180502

白餡包みの淡紅色雪平餅です。
花びらとシベを付けて『牡丹の花』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント
牡丹は初夏を代表する花であり、香り高い大きい美花を開く花であります。
「立てば芍薬、座れば牡丹・・・」という形容にもなり、原産地の中国では「花の王」「花の神」とも呼ばれている花です。
淡紅で綺麗に咲く牡丹を雪平餅を使い、花びらとシベを付けて表現しました。

 

 

③野ばら(のばら)

20180503

本紅色と白練切餡のボカシで、サジ切りをし、葉をのせ『野の咲くバラ』を表しました。
中餡は、黄味餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント
バラの花は世界各地に分布する花です。
世界中の人々に一番知られていて、愛されている花ではないでしょうか。
一年中見られて、形や色など多種多様にありますが最盛期は初夏です。
初夏に咲く野ばらを練切餡を使い、本紅色で表現しました。

 

④花菖蒲(はなしょうぶ)

20180504

紫・白・黄色練切餡のボカシで『菖蒲』の花を表しました。
中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント
葉が菖蒲の葉に似ていて美しい花をつけるところから名づけられた「花菖蒲」はアヤメ科です。
端午の節句に、菖蒲湯にして楽しまれる「菖蒲」はサトイモ科です。
別物ではありますが、鮮やかな紫色の花は、見ていると気持ちをリラックスさせてくれますね。
美しい花菖蒲の花を練切餡を使い表現しました。

 

⑤藤棚(ふじだな)

20180505

小豆皮むき餡包みの薯蕷(じょうよ)饅頭です。
若草色を付けて、焼印と藤色羊羹で『藤の花』を表しました。

石井君

 

★和菓子職人:石井光一
▼コメント
藤の花は、晩春から初夏にかけて四弁の蝶形花が房状に密集して咲きます。
山野に自生し、つる性のため右巻きに幹がからみ合い生長します。
葉は、萩に似ていて花穂は1メートル以上に達します。
藤棚とは、観賞用に作った棚のことで、藤の花が集まって咲いている藤棚は見ごたえがり迫力がありますね。
藤の花を薯蕷(じょうよ)饅頭を使い、藤色の羊羹で表現しました。

201805img

和菓子職人が丹精込めておつくりいたしました上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。

illust113_thumb

…………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3
・Instagram:https://www.instagram.com/kuradukuri/
・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ (PC)
http://www.kuradukuri.jp/online/ 
・オンラインショップ (スマホ)
http://www.kuradukuri.jp/sp/
・【公式Youtube】くらづくり本舗1887
https://www.youtube.com/channel/UChjhUhuMT2TeIIQBz7KpHkQ

 

4月(卯月)の上生菓子が決まりました。

4月(卯月)の上生菓子。

 

①花吹雪(はなふぶき)

20180401

小倉餡包みの紫・黄・紅色の三食きんとんソボロです。
氷餅をのせて、春風に舞う彩り綺麗な『花吹雪』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
花吹雪は、花びらがあたかも吹雪いているかの如く舞い散る様の事です。
日本では『花』の一語が特に俳句や和歌の世界においては『桜』を意味する例が見られますが、春には色々な色の花が咲きますので、今回は三色のきんとんソボロを使い『春風に舞う。彩り綺麗な花吹雪』を表現しました。

 

②山吹の里(やまぶきのさと)

20180402

柚子餡包みの黄色雪平餅です。
大小の花2枚とシベを付けて、『山吹の花』を表しました。

石井君

 

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
晩春から初夏にかけて鮮やかな黄金色の花を咲かせる山吹の花。
太田道灌の話にもなったり、川越市の花でもあり、とても親しみのある花です。
山吹の花を雪平餅を使い、大小の花を2枚重ねてシベをつけて表現しました。

 

③山桜(やまざくら)

20180403

薄紅色練切餡で桜の花を型取り、シベを付けて『山桜』を表しました。
中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
山桜は、ソメイヨシノとほぼ同じですが、開花と同時に葉が出るのが特徴です。
開花時期に個体差があるため、一気に散ることがなく長期間に渡って「お花見」が楽しめます。
代表的な桜は、奈良県の「吉野の桜」が有名です。
山桜を練切餡を使い表現しました。

 

④水鳥(みずどり)

20180404

白練切餡と水色練切をぼかして、水輪の印と桜の花びらをのせて、春の水辺で遊ぶ『水鳥』を表しました。
中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
水鳥は水辺に棲息する鳥の総称です。
川や水田、湖沼、海岸などにいて、水上または水中での行動に適した体形に進化しており、陸上や樹上での敏捷性に欠けるものが多いです。
春は水も温んできて、水辺で遊んでいる鳥も多く見られます。
水鳥を練切餡を使い表現しました。

 

⑤蝶の舞(ちょうのまい)

20180405

若草色浮島と、紅色きんとん餡の流し合わせです。
蝶の焼印と蝶をのせて『春の野を舞う蝶々』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
蝶は厳寒期を除いては、全国のどこにでもいる昆虫の仲間ですね。
その姿・色彩・華麗に飛ぶ様子は、春の風情にとても良く合っていて「春の季題」にもなっています。
春の野を楽しそうに舞っている姿を若草色浮島と紅色きんとん餡の流し合わせで焼印と練切餡の蝶をのせて表現しました。

 

201804img

和菓子職人が丹精込めておつくりいたしました上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。

illust756_thumb

…………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3
・Instagram:https://www.instagram.com/kuradukuri/
・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ (PC)
http://www.kuradukuri.jp/online/ 
・オンラインショップ (スマホ)
http://www.kuradukuri.jp/sp/
・【公式Youtube】くらづくり本舗1887
https://www.youtube.com/channel/UChjhUhuMT2TeIIQBz7KpHkQ

2018年3月(弥生)の新作上生菓子が決まりました。

3月(弥生)の上生菓子。

 

①菜の花(なのはな)

20180301

若草色のきんとんソボロで、小倉餡を包ました。

黄色のソボロを付けて『菜の花畑』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
菜の花は、春の訪れを感じさせてくれる代表的な花です。
菜の花畑などは、春の風物詩にもなっていますね。
花は小さくて可愛らしいのですが、一面に広がる菜の花畑は、茎と葉の「緑」と花の黄色のコントラストが、とても壮観です。
春の咲く、菜の花畑をきんとんソボロを使い表現しました。

 

②水温む(みずぬるむ)

20180302

梅餡包みの白雪平餅に、白と水色ぼかし練切を巻きました。

水輪と氷餅、桜の花びらを添えて『和らぎ始めた春の水』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
春先は、寒い日が続きますが、河川や湖沼・池や泉など暮らしに関わる水が心なしか温まってきたように感じます。
春の水のまわりには、動物たちが動き始め… とても賑やかになります。
春の水辺の風景を白雪平餅を使い、練切餡を巻き、水輪と桜の花びらを添えて表現しました。

 

③初 桜(はつざくら)

20180303

薄紅色練切に白練切餡をぼかして、シベを付けて『桜の花』を表しました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
桜の花の品種はたくさんありますが、メディアなどで取り上げられているのは「染井吉野」という品種です。
開花予想もされるほど人気で、色や形も綺麗に咲きます。
咲き始めたばかりの染井吉野の花を練切餡を使い表現しました。

 

④春小道(はるこみち)

20180304

若草色と紅色練切餡で、黄味練切餡を包み、棒状に伸ばしてうぐいす豆と蝶をのせて、芽吹き始めた草花に蝶が舞う『春の小道』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
植物が芽吹き…
花が咲き…
動物達も動き始め…
春の喜びを感じられる季節となると、外出してみようという気分になりますね。
春の小道を散歩したくなる風景を表現したくて、練切餡を使い、紅色が「花」緑色が「若草」を表し『蝶が舞う春の小道』を表現しました。

 

⑤つくし野(つくしの)

20180305

小豆皮むき餡包みの薯蕷(じょうよ)饅頭です。

つくしの焼印を押し、つくしが顔を出しはじめた『野原の風景』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
土筆(つくし)は、羊歯植物である杉菜の胞子茎のことです。
地下で杉菜の出る所とつながっていますが、土筆(つくし)は日向でないとはえてきません。
全体が筆のような形なので「土の筆」と書いて「つくし」と読ませるそうです。
可愛らしく頭を出し始めたばかりの「つくし野」を薯蕷(じょうよ)饅頭を使い表現しました。

 

201803img

和菓子職人が丹精込めておつくりいたしました上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。

illust2675_thumb

……………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3
・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ (PC)
http://www.kuradukuri.jp/online/ 
・オンラインショップ (スマホ)
http://www.kuradukuri.jp/sp/

2月(如月)の上生菓子が決まりました。

2月(如月)の上生菓子。

 

①春一番(はるいちばん)

20180201

小倉餡包みの紅色と若草色のきんとんソボロです。

氷餅をかけて、春を運んでくる・・暖かな風『春一番』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
季節が冬から春へと変わる時期に、初めて南より吹く暖かい強い風を『春一番』と言います。
立春から春分までの間に気温の上昇と伴に起こる現象です。春一番が吹いたニュースを聞くと『春が来たな!!』と感じますね。春一番の風をきんとんソボロを使い表現しました。

 

②梅景色(うめげしき)

20180202

梅餡包みの白雪平餅です。

焼印を押し、羊羹で「つぼみ」を表し「春がそこまで来ている風景」を表しました。

石井君

 

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
梅の花は、1月に咲き始めて
関東地方では、2月~3月にかけて見頃を向かえます。
梅の花はとても良い香りがし、春が近し!と感じさせてくれますね。
梅の花を雪平餅を使い、「これから咲く梅」と「咲き誇った梅」を表し「春を運んでくる梅景色」を表しました。

 

③桃の花(もものはな)

20180203

薄紅色と白練切餡のボカシで『桃の花』を表しました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
桃の花は、ひな祭りにお馴染みのピンクで愛らしい花ですが、色々な種類・品種があります。
桃の木は大まかに分けると観賞用の花桃と果実用があり、観賞用は見て楽しむために改良されたものなので、美しさが際立ちます。
ちなみに、桃色とは、桃の花からとって名づけられた色だそうです。
可愛らしく咲く『桃の花』を練切餡を使い表現しました。

 

④黄水仙(きすいせん)

20180204

黄色と白練切餡のボカシで、水仙の花を型取り、シベと葉をつけて『黄水仙』を表しました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
水仙は雪の中でも、春の訪れを告げてくれるので、別名「雪中花」とも言うそうです。
黄水仙は文字通り、黄色の花弁で春に咲く遅咲きの水仙です。
春の訪れを告げる黄水仙の花を練切餡を使い、シベと葉を添えて表しました。

 

 

⑤早わらび(はやわらび)

20180205

若草色浮島と、黄色きんとん餡の流し合わせです。

蕨(わらび)の焼印を押し「陽光と早わらび」を表しました。

石井君

 

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
蕨(わらび)は、4月~5月頃に葉が丸まって茎の先について出てきます。
この頃が「山菜」として採取され食材として出まわります。
しかし、採集される頃よりも新芽が芽吹き始めた頃が、趣もあり風情もありますね。
そんな早わらびを浮島生地と黄色きんとん餡の流し合わせで焼印を押して『陽光と蕨(わらび)』を表現しました。

 

201802img

和菓子職人が丹精込めておつくりいたしました上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。

illust3574_thumb……………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3
・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ (PC)
http://www.kuradukuri.jp/online/ 
・オンラインショップ (スマホ)
http://www.kuradukuri.jp/sp/

2018年1月(睦月)の上生菓子が決まりました。

1月(睦月)の上生菓子。

①香梅(こうばい)

20180101

小倉餡包みの白と薄紅色きんとんソボロです。
紅梅の花をのせて、咲き始めたばかりの『梅の花』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
梅の花は、一年に中で一番先に咲く花です。
花の香りがとても良く、お目出度い席にはなくてはならない花ですね。
咲き始めたばかりの『梅』を薄紅色と白のきんとんソボロを使い、紅梅をのせて仕上げました。

 

 

②雪だるま(ゆきだるま)

20180102

白餡包みの白雪平餅です。
雪の結晶の焼印とマフラーを巻いて『雪だるま』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
降雪の少ない地方の方々にとって雪は珍しく、雪が降るとワクワクとした気持ちになりますね。
雪が積もると、胴体と頭部の大小の二つの雪玉を重ねて『雪だるま』を作ります。
子供達は大喜びですね。
楽しく雪だるまを作った思い出のよみがえるように、雪平餅を使い雪の結晶の焼印を押して、可愛くマフラーを巻いて『雪だるま』を仕上げました。

 

③寒椿(かんつばき)

20180103

紅色と白練切を重ねて包餡し、葉とシベを付けて『寒椿』を表しました。
中餡は小豆皮むき餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
冬の季節に咲く花はあまりないのですが、一年の中で最も寒い時期に咲く花が『椿』です。
山茶花(さざんか)と見分けがつかない位に良く似た花ですが、八重咲きで可愛らしく咲きます。
椿の花を練切餡を使い、今年は紅色にしてシベと葉を付けて仕上げました。

 

 

④春告鳥(うぐいす)

20180104

若草色と白練切のボカシで『うぐいす』を表しました。
中餡は、黄味餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
うぐいすの初音は早春です。
「梅にうぐいす」と言葉があるように、梅の花が咲き始める頃に人里近くで鳴き始め、さえずりが整うのは三月頃となります。
春の深まりとともに、山に帰って巣作りをするのが特徴です。
春の訪れを告げてくれる鳥・・ 春告鳥(うぐいす)。
うぐいすを練切餡を使い表現しました。

 

⑤初東風(はつこち)

20180105

小豆皮むき餡包みの薯蕷(じょうよ)饅頭です。
練切の紐(ひも)で暖かい風を表し、梅の花の焼印と花びらをのせ、東風に舞う風景を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント
1月から2月上旬位までは、寒さが一番厳しい季節です。
しかし、東からの吹く風は「春の到来」を思わせてくれるような暖かい風が吹き、心を和ませてくれます。
薯蕷(じょうよ)饅頭を使い、練切の紐(ひも)で暖かい風を表し、梅の花の焼印と花びらをのせ、東風に舞う風景を表しました。
春が待ち遠しいですね。

201801img

和菓子職人が丹精込めておつくりいたしました上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。

01

……………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3
・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ (PC)
http://www.kuradukuri.jp/online/ 
・オンラインショップ (スマホ)
http://www.kuradukuri.jp/sp/

2018年・お正月限定の上生菓子が決まりました。

2018

お正月限定の上生菓子。

23

※松の内までのお正月限定販売の上生菓子です。

ご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

①栄松(さかえまつ)

shougatsu20180101

挽茶色と小豆色合わせのきんとんソボロで、小倉餡を包んで『松葉』を表し、黒豆をのせ、金箔を吹き付けて『松』を表しました。

石井君

 

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

松は日本古来からあり、特に常緑の松は『不老長寿』のシンボルとされてきました。

松を今年は、挽茶色と小豆色のきんとんソボロを使い『若松葉』を表し、黒豆かの子をのせて金箔を吹き付けて『栄松』を表しました。

 

 

 

 

②福笹(ふくささ)

shougatsu20180102

柚子餡包みの黄色雪平餅に、氷餅をまぶして、若竹色と白ぼかしの練切製の笹を巻いて『福笹』を表しました。

石井君

 

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

竹は古く『万代』と言われがあり、強靭な成長力と常緑で力強い姿を見せてくれます。

竹を黄色雪平餅に氷餅をまぶして、練切製の『笹』を型取り巻いて、若竹から出る『竹の葉』を表現しました。

皆様に『福が来る!良い年でありますように』と願いを込めて『福笹』に仕上げました。

 

 

③紅梅(こうばい)

shougatsu20180103

薄紅色と白練切餡のボカシで紅梅の花をのせて『梅の花』を表しました。

中餡は、黄味餡です。

石井君

 

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

梅は『子孫繁栄』させる御目出度い木です。

どの花よりも真っ先に春の訪れを知らせてくれ、親しまれてきました。

梅を練切餡を使い、土台は薄紅色の梅の花を型取り、紅色の紅梅をのせて『香り華やぐ梅の花』を表しました。

 

 

 

④干支『戊 戌』(つちのえ いぬ)

shougatsu20180104

白と小豆色練切のボカシで、平成30年の干支『戌』を表しました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君

 

★和菓子職人;石井光一

▼コメント

2018年の干支は『戌』です。

人間との関わりが強い犬は社会性があり、そしてボスに忠実に従う性格を持っているそうです。

忠犬ハチ公という物語では、外出先で急死した帰って来ることのない主人を10年間待ち続けていたという話があります。

この話でもわかるように『真面目・勤勉で努力家』という意味があり、さらに犬は、とても安産という事で出産に縁起の良い干支とされています。

戌年の『犬』を練切餡を使い、可愛らしく表現しました。

 

 

 

⑤お題『語』(ご・かたる)

shougatsu20180105

語というテーマから、四字熟語の「破顔一笑」という言葉を連想し、にっこり笑うという意味で、笑顔溢れる新年になるようにと、えくぼ薯蕷(じょうよ)饅頭で表しました。

金箔を吹き付け、ハートで心温まる感情にしました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君

 

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

2018年の宮中歌会始めのお題は『語』です。

語という言葉を聞いて色々と考えましたが、四字熟語の「破顔一笑」という言葉を連想しました。

意味には、ニッコリ笑う事。

微笑むことで、新年が皆様にとって笑顔溢れる一年になってもらいたいと願いを込めて、薯蕷(じょうよ)饅頭を使い、えくぼ薯蕷饅頭にしてました。

金箔を吹き付けて、黄色と朱色のハートで笑顔になって「心温まる」気持ちを表現しました。

shougatsu201801img

和菓子職人が丹精込めておつくりいたしました上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。

05

……………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3
・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ (PC)
http://www.kuradukuri.jp/online/ 
・オンラインショップ (スマホ)
http://www.kuradukuri.jp/sp/

12月(師走)の新作上生菓子が決まりました。

12月(師走)の上生菓子。

 

①聖夜(せいや)

20171201

草色きんとんソボロで小倉餡を包み、飾り付けをして、氷餅で雪を表し『クリスマスツリー』に仕上げました。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント

キリストの降誕を祝うクリスマスは国民的行事のひとつとなり、大型店舗はもちろんのこと、商店街にある小さな店舗や街中にツリーやクリスマス装飾が飾られ、街中がとても賑やかになります。
クリスマス一色の街中を見ていると心がとっても華やいできますね。
やはり、クリスマスと言えば代表的な『クリスマスツリー』をきんとんソボロを使い表現しました。

 

②水仙花(すいせんか)

20171202

柚子餡包みの黄色雪平餅です。
花とシベを付けて、葉を添えて『水仙花』を表現しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント

水仙花は、早咲き遅咲きがあり正月前から4月下旬頃まで咲く品種もあり、長い期間で鑑賞出来ます。
別名『雪中花』とも言われ、雪の中でも春の訪れを告げてくれます。
淡黄色の雪平餅を使い、陽だまりの中で咲く『水仙の花』を表現しました。

 

③寒牡丹(かんぼたん)

20171203

薄紅色と白練切餡のボカシで、シベと葉を付けて『冬牡丹』の花を表しました。
中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント

寒牡丹の発祥は春牡丹の品種改良の交配時に何らかの原因で染色体に異変を起こし、二季咲きの品種として出現したものです。
春につく蕾(つぼみ)を取り、夏の終わり頃に葉を摘み取って、花期を遅らせるそうです。
霜囲い(雪囲い)をして暖かく保護すると、冬季に花をつけます。
冬に咲く花は数少ないので工夫して『寒牡丹』という品種を完成させたのは、本当に驚きですね。
冬に咲く数少ない花。
寒牡丹を練切餡を使い表現しました。

 

④サンタクロース

20171204

本紅色と白練切餡のボカシで、聖夜の使者『サンタクロース』を表しました。
中餡は、黄味餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一
▼コメント

12月の上生菓子NO.1にて『クリスマスツリー』をおつくりしましたが、もうひとつ!クリスマスらしい商品を増やしたいと思い、練切餡を使い『サンタクロース』を表現しました。
クリスマスパーティーが終わり・・・
子供達が寝静まった頃に、遥か遠い北の国からトナカイのソリに乗って、プレゼントを持ってやってくる。
聖夜の使者『サンタクロース』です。

 

⑤木枯らし(こがらし)

20171205

山吹色の浮島と、紫色の小豆色きんとん餡を流し合わせです。
蔦(つた)と蔦の葉をのせ、暖かな陽射しの中で蔦(つた)の葉舞う『木枯らし』を表しました。

石井君

和菓子職人:石井光一
▼コメント

木枯らしは、文字通り『木を枯らす』という意味があります。
春に吹く風は、その訪れを知らせる暖かな強風を『春一番』と言いますが、北西の冷たい季節風で、その年の初めての強風を『木枯らし一号』と言います。
木枯らしは冷たいイメージですが、浮島ときんとん餡の流し合わせで、蔦(つた)と蔦の葉をのせ、暖かな陽射しの中『蔦の葉舞う』明るいイメージの木枯らしを表現しました。

 

201712img

和菓子職人が丹精込めておつくりいたしました上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。

illust426_thumb

◆◆◆お問い合せ◆◆◆ 

★フリーダイヤル

0120-882638

★メール

https://secure1.future-shop.jp/~kuradukuri/mail.php

……………………………………………………………………

★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。

是非!コメントやご感想をお願いいたします。

・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn

・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3

・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K

・オンラインショップ

http://www.kuradukuri.jp/online/

11月(霜月)の新作上生菓子が決まりました。

11月(霜月)の上生菓子

 

①寒菊(かんぎく)

20171101

黄色と朱紅色きんとんソボロで、小倉餡を包み、葉とシベを付けて『菊花』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

寒菊は、アブラギクから園芸化したもので、栽培種の先祖と言われています。

秋の菊が盛りを過ぎた頃から、蕾(つぼみ)が出始め、霜や雪にも強く、厳寒に開く潔さは、他の菊とは異なった趣があります。

寒菊をきんとんソボロを使い、表現しました。

 

②田舎柿(いなかがき)

20171102

柿餡包みの柿色雪平餅です。

ヘタを付けて、古里の『柿』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

柿は、日本を代表するにふさわしい果実で、その種類は900にも及ぶと言われています。

柿は本来渋く、酒樽に入れて渋味を抜いたり、家などでは、米びつ入れて甘くしたそうです。

現在の甘い柿は改良品種で鎌倉時代の頃からと言われています。

故郷で甘く実った『田舎柿』を雪平餅を使い表しました。

 

 

③山茶花(さざんか)

20171103

薄紅色と白練切餡のボカシで、シベをつけて『山茶花』を表しました。

中餡は、黄味餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

晩秋から冬の間に咲く花と言えば、誰もがご存知の花。

『山茶花(さざんか)』ではないでしょうか。

花の香りも良く、可愛らしく咲いていますね。

初冬から咲く数少ない花『山茶花』を練切餡を使い、巾着しぼりで可愛らしく表現しました。

 

 

④深山路(みやまじ)

20171104

黄色・朱紅色・緑色の三色の練切餡で、小豆皮むき餡の包み、山の形に型取り『晩秋の山路』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

最近の紅葉は温暖化の影響かと思われますが遅くなってきているように感じますね。

季節は初冬なのですが、まだまだ紅葉を楽しむことが出来、山奥の深山と呼ばれる場所などでは、紅葉真っ盛りではないでしょうか。

空気が澄んでいて深山の路を歩きたくなる『深山路』を練切餡を使い『山の型』に整えて表現しました。

 

 

⑤落葉焚き(おちばたき)

20171105

小豆皮むき餡包みの薯蕷(じょうよ)饅頭です。

周りを焼いて、黄色と朱紅色のソボロと落葉をのせて、心温まる『焚き火』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

以前、焚き火は自宅の庭・神社の境内などで、落葉や枯れ木の焼却処分を目的に行っていましたね。

単に燃やすだけではもったいないと考え、さつま芋などを焼いて食べるという楽しい文化がありました。

晩秋から冬にかけての風物詩でしたね。

そんな風情ある落葉焚きを薯蕷(じょうよ)饅頭を使い、ソボロで『火』を表して『落葉』をのせて表現しました。

 

201711img

和菓子職人が丹精込めておつくりいたしました上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。

dongur12

◆◆◆お問い合せ◆◆◆ 

★フリーダイヤル

0120-882638

★メール

https://secure1.future-shop.jp/~kuradukuri/mail.php

……………………………………………………………………

★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。

是非!コメントやご感想をお願いいたします。

・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn

・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3

・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K

・オンラインショップ

http://www.kuradukuri.jp/online/

10月(神無月)の上生菓子が決まりました。

10月(神無月)の上生菓子。

 

①里の栗(さとのくり)

20171001

小倉餡に、半栗を付けて、草色と朱色きんとんソボロで包み、『山栗(イガ栗)』を表しました。

 

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

秋になると、色々な食材が出回り始めて『食欲の秋』とも呼ばれるようになります。

その中でも和菓子の食材で欠かせないのが『栗』です。

今では食用の栽培方法で大きな栗を育てることが出来ますが、原種は小粒な『山栗』です。

小粒で可愛らしい山栗をきんとんソボロを使い表現しました。

 

②小 菊(こぎく)

20171002

白餡包みの黄色雪平餅です。

氷餅をまぶし、花と葉をのせて、可愛らしく咲く『小菊』を表しました。

 

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

菊の花は、一年中出回り、季節をとわない花となりましたが、秋には「菊花展」が各地で盛大に開催されるほどに、やはり旬の季節は秋です。

菊の花を黄色の雪平餅を使い氷餅をまぶして『菊のつぼみ』を表し『花』をのせて動きのある可愛らしい小菊を表現しました。

 

 

 

③姫 菊(ひめぎく)

20171003

薄紅色と白練切餡のぼかしで『菊花』を表しました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

 

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

「菊盛り」と言う言葉があるように、秋の花と言えば『菊の花』が代表的な花ですね。

数多くの品種があり、香りもほのかに清々しいです。

練切餡を使い、品のある姿にしました。

今年は『菊の花押し』でいこうと思い、2種類をおつくりいたしました。

 

④感謝祭(かんしゃさい)

20171004

朱色と挽茶色練切餡のぼかしで、かぼちゃを型取り、顔型を付けて『ハロウィンかぼちゃのお化け』を表しました。

中餡は、かぼちゃ餡です。

 

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

夏も終わりに近づくと、様々な店舗にてハロウィンに関する商品が置かれるようになり、街中もにぎやかで楽しい気持ちになりますね。

秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭り『ハロウィン』を練切餡を使い、可愛いかぼちゃのお化けをおつくりいたしました。

 

 

 

⑤秋山路(あきやまじ)

20171005

朱紅色・黄色の浮島と、小豆色きんとん餡の三層の流し合わせです。

楓の焼印を押して、紅葉真っ盛りの『秋の山路』を表しました。

 

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

秋は、昼と夜の温度差が激しくなり、落葉樹の葉は、紅や朱紅や黄色に彩られます。

彩られた山々はとても綺麗で、美しい紅葉を求めて山野に分け入り、紅葉を楽しむと心癒してくれます。

秋の山路を浮島ときんとん餡の三層でおつくりし、楓の焼印を押して表現しました。

 

201710img

和菓子職人が丹精込めた上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。

haro08

◆◆◆お問い合せ◆◆◆ 

★フリーダイヤル

0120-882638

★メール

https://secure1.future-shop.jp/~kuradukuri/mail.php

……………………………………………………………………

★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。

是非!コメントやご感想をお願いいたします。

・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn

・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3

・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K

・オンラインショップ

http://www.kuradukuri.jp/online/

1 / 612345...最後 »