会社概要

社長あいさつ

くらづくり本舗は、人と自然と環境を大切にしながら、人との「ふれあい」「よろこび」「楽しさ」がつねに、創業の初心にかえり、お客様本位、品質本意、社会貢献を経営指針として、快い職場活気あふれる店舗づくりを心がけ、地域一番店を目指しております。くらづくり本舗は、ふるさと川越を愛しむ心を大切にして、和菓子を通じ心の懐かしさ、やすらぎを求め、誰からも愛される和菓子の老舗として、精進してまいります。
中野ソノ子

会社のあゆみ

明治20年 創業初代、中野民五郎が小仙波に餅菓子店を開業
昭和39年11月 有限会社『菓舗なかじま』として法人化
昭和54年9月 社名を『有限会社くらづくり本舗』に改名
昭和57年6月 復元された蔵造り一番街店を開店(現在、川越市指定文化財に指定されている)
昭和61年3月 創業100周年を契機に、郊外型店舗『藤間亭(川越市)』を開店
西武百貨店所沢店に出店を経て、埼玉県西部地区を中心に店舗展開を推進
平成8年10月 4代目社長中野清が国政参画に伴い会長に就任、
中野ソノ子総務部部長が代表取締役社長に就任
現 在 川越の和菓子の老舗として、川越の代表的銘菓『くらづくり最中』をはじめ、川越
にゆかりのある和生菓子の製造直売を主たる業として、現在埼玉県内に46店舗を展開。
               
2010年10月11日、川越産業会館・小江戸蔵里・明治蔵内にて、新しい創作菓子
ブランド『川越福蔵』をオープン。

会社概要

概 略 商号:有限会社くらづくり本舗
創 業 明治20年2月11日
法人設立 昭和39年11月20日
資本金 300万円
従業員数 280人
役 員 代表取締役会長 中野  清
代表取締役社長 中野ソノ子
取締役副社長  中野 英幸
取引銀行 東和銀行川越支店
埼玉りそな銀行川越支店
日本政策金融公庫 さいたま支店