採用情報

10月(神無月)の上生菓子が決まりました。

10月(神無月)の上生菓子。

 

①里の栗(さとのくり)

20171001

小倉餡に、半栗を付けて、草色と朱色きんとんソボロで包み、『山栗(イガ栗)』を表しました。

 

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

秋になると、色々な食材が出回り始めて『食欲の秋』とも呼ばれるようになります。

その中でも和菓子の食材で欠かせないのが『栗』です。

今では食用の栽培方法で大きな栗を育てることが出来ますが、原種は小粒な『山栗』です。

小粒で可愛らしい山栗をきんとんソボロを使い表現しました。

 

②小 菊(こぎく)

20171002

白餡包みの黄色雪平餅です。

氷餅をまぶし、花と葉をのせて、可愛らしく咲く『小菊』を表しました。

 

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

菊の花は、一年中出回り、季節をとわない花となりましたが、秋には「菊花展」が各地で盛大に開催されるほどに、やはり旬の季節は秋です。

菊の花を黄色の雪平餅を使い氷餅をまぶして『菊のつぼみ』を表し『花』をのせて動きのある可愛らしい小菊を表現しました。

 

 

 

③姫 菊(ひめぎく)

20171003

薄紅色と白練切餡のぼかしで『菊花』を表しました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

 

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

「菊盛り」と言う言葉があるように、秋の花と言えば『菊の花』が代表的な花ですね。

数多くの品種があり、香りもほのかに清々しいです。

練切餡を使い、品のある姿にしました。

今年は『菊の花押し』でいこうと思い、2種類をおつくりいたしました。

 

④感謝祭(かんしゃさい)

20171004

朱色と挽茶色練切餡のぼかしで、かぼちゃを型取り、顔型を付けて『ハロウィンかぼちゃのお化け』を表しました。

中餡は、かぼちゃ餡です。

 

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

夏も終わりに近づくと、様々な店舗にてハロウィンに関する商品が置かれるようになり、街中もにぎやかで楽しい気持ちになりますね。

秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭り『ハロウィン』を練切餡を使い、可愛いかぼちゃのお化けをおつくりいたしました。

 

 

 

⑤秋山路(あきやまじ)

20171005

朱紅色・黄色の浮島と、小豆色きんとん餡の三層の流し合わせです。

楓の焼印を押して、紅葉真っ盛りの『秋の山路』を表しました。

 

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

秋は、昼と夜の温度差が激しくなり、落葉樹の葉は、紅や朱紅や黄色に彩られます。

彩られた山々はとても綺麗で、美しい紅葉を求めて山野に分け入り、紅葉を楽しむと心癒してくれます。

秋の山路を浮島ときんとん餡の三層でおつくりし、楓の焼印を押して表現しました。

 

201710img

和菓子職人が丹精込めた上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。

haro08

◆◆◆お問い合せ◆◆◆ 

★フリーダイヤル

0120-882638

★メール

https://secure1.future-shop.jp/~kuradukuri/mail.php

……………………………………………………………………

★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。

是非!コメントやご感想をお願いいたします。

・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn

・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3

・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K

・オンラインショップ

http://www.kuradukuri.jp/online/

9/26より、季節限定販売『十五夜』販売開始のお知らせ

9月26日より季節限定販売

仲秋の名月

『十五夜』販売開始のお知らせ

 

雨ふりの多かった夏が終わり・・・

秋を感じられる季節となってまいりました。

早いもので、もうすぐ十五夜。

otsukimi05

旧暦8月15日の夜。

旧暦では『一・二・三月』は春。

『四・五・六月』は夏。

『七・八・九月』は秋。

秋の真ん中にあたる「8月15日」を『仲秋』といいます。

otsukimi01古くから日本には8月15日に、秋の澄んだ空に昇る満月を『仲秋の名月』と呼んで鑑賞する風習がありました。

平安時代に中国から日本に伝わり、宮廷の月見の席では月の詩や詩を作り、雅楽を奏でたそうです。

江戸時代には民間にも伝わり、月見団子・芋・枝豆・栗・ススキなどを供えるようになりました。

くらづくり本舗では、9月26日より、季節限定にて『十五夜』を販売開始いたします。

是非、中秋の名月限定のお菓子でございます。

お召し上がり下さいませ。

700img≪季節限定販売≫

仲秋の名月『十五夜』 

1箱  550円(税込価格)

2箱入 1,100円(税込価格)

【販売期間】

9月26日(火)~ 10月2日(月)まで

【商品説明】

◆うさぎ

・雪平餅に、ウサギの毛並みをイメージして氷餅をまぶしました。

・耳は、紅色の練切を型どりました。

・目は、赤色の羊羹でお作りしました。

・丸いしっぽは、練切でおつくりしました。

・中餡は白餡です。

◆月

・黄色の薯蕷(じょうよ)饅頭で、満月をイメージし、その中には風にそよぐススキの焼印を押しました。

・中餡は、小豆皮むき餡です。

◆賞味期限:3日間(※販売日を含む)

※『十五夜』が生菓子につき、通信販売しておりません。

ご了承くださいませ。900【お問い合わせ】

◆フリーダイヤル:0120-882-638

700img

秋が深くなり、見上げる空には・・・

大きく真ん丸のお月様。

風にそよぐススキ

お月様には、可愛いうさぎ。

仲秋の名月。

otsukimi10……………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3
・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ (PC)
http://www.kuradukuri.jp/online/ 
・オンラインショップ (スマホ)
http://www.kuradukuri.jp/sp/

9/15~秋の季節限定販売『芋蒸し羊羹』販売開始のお知らせ

9月15日より

秋の季節限定販売

『芋蒸し羊羹』販売開始のお知らせ

秋といえは、やっぱり!さつま芋です。

imo02

川越の美味しいさつま芋を使った蒸し羊羹です。

さっぱりとした羊羹ゴロゴロと入ったさつま芋の食感!秋の大好評!芋蒸し羊羹でございます。

10月末までの期間限定販売ですので、お早目にお召し上がり下さいませ。

 

imomushi_700_01

秋の季節限定販売

『芋蒸し羊羹』 1本 495円(消費税込)             

◆販売期間 : 9月15日(金)~ 10月31日(火)

◆販売価格 : 1本 495円(消費税込)
◆賞味期限 : 2日間(※販売日を含む。)

imomushi_700

【商品説明 】

① : 原材料は、北海道襟裳産・小豆を使用。            

吉野葛・小麦粉・さつま芋を使用。                    

② : 小豆餡を吉野葛と小麦粉を混ぜ合わせて、さっぱりとした        

蒸し羊羹のタネに仕上げて、角切りしたさつま芋に和えて竹皮につつみ蒸しました。                    

③ : 川越の味覚。秋の人気商品でございます。

※『芋蒸し羊羹』は、通信販売いたしておりません。
※店舗販売のみとなります。 ご了承くださいませ
。   
  

imomushi_700_02

【お問合せ】
本社・総務部
◆電話:0120-882-638
……………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter : http://bit.ly/1vMwbm3
・ブログ : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ (PC)
http://www.kuradukuri.jp/online/
・オンラインショップ (スマホ)
http://www.kuradukuri.jp/sp/