採用情報

9月(長月)の新作上生菓子が決まりました。

9月(長月)の上生菓子。

 

①夕映え(ゆうばえ)

20180901

朱紅色と黄色きんとんソボロです。

小倉餡を包み、大納言豆をのせて、初秋の『夕焼け空』を表しました。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

夕焼け空は、一年を通じて観ることが出来ますが、晩夏から初秋にかけての色彩が最も鮮明で一番綺麗に観ることが出来る時期ではないでしょうか。

橙色と黄色のコントラストが壮大な夕焼け空をきんとんソボロを使い、大納言かの子豆をのせ表現しました。

 

 

②野 菊(のぎく)

20180902

柚子餡包みの白雪平餅を、草色と黄色ぼかしの練切餡で巻きました。

菊花を型取り、野原に咲き始めたばかりの『初菊』を表しました。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

9月9日は『重陽の節句』と言います。

中国では、菊酒を飲み長寿祈願をするそうです。

日本では、重陽の節句はあまり知られていないような気がします。

もっと、皆様にも知っていただきたいという想いを込めて『野原に咲き始めたばかりの菊』を雪平餅の練切餡を巻いて表現しました。

 

③秋 桜(こすもす)

20180903

薄紅色練切餡で、中央にシベをつけて『秋桜』の花を表しました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

夏の終わりから秋にかけて咲く秋桜。

「こすもす」と書くように、花びらが薄く桜の花にどことなく似ています。

高いものでは、2メートルにも達する花茎の先から色彩豊かな可愛らしい花が咲く姿はとても風情があります。

秋桜の花を練切餡を使い表現しました。

 

④観 月(かんげつ)

20180904

小豆皮むき餡包みの薯蕷(じょうよ)饅頭です。

すすきの焼印を押し、羊羹を巻き、うさぎをのせて『仲秋の名月』を表しました。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

旧暦の8月は、一年の中で最も空が澄み渡り、月が明るく美しく見えるので『観月の宴』が開催され、収穫祭として親しまれています。

十五夜の風景を表現したく、薯蕷(じょうよ)饅頭を使い、ススキの焼印を押し、羊羹を巻いて『夜』を表し『うさぎ』をのせました。

 

 

 

⑤秋めく(あきめく)

20180905

紫・黄色の浮島と若草色きんとん餡の三層の「流し合わせ」です。

紫色は、秋に咲く花々。

黄色は、色づき始めた野山を表しました。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

9月は、まだまだ暑い日が続きますが、朝晩になってくると涼しさを肌で感じるようになってきます。

野山も青々とした緑から黄色に変わり、桔梗や友禅菊などの紫色の花々も咲き始めます。

秋づいてきた野山を。

若草色は、きんとん餡で黄色と紫色は浮島を使い、三層にして表現しました。

201809img

和菓子職人が丹精込めた上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。

kosumosu02

◆◆◆お問い合せ◆◆◆ 

★フリーダイヤル

0120-882638

★メール

https://secure1.future-shop.jp/~kuradukuri/mail.php

……………………………………………………………………

★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。

是非!コメントやご感想をお願いいたします。

・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn

・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3

・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K

・オンラインショップ

http://www.kuradukuri.jp/online/