採用情報

4月(卯月)の新作上生菓子が決まりました。

4月(卯月)の上生菓子

 

①舞桜(まいさくら)

20170401

水色と白煉切のきんとんソボロで柚子餡を包み、桜の花と氷餅をのせ、明るく温かな春の水面に落ちる桜を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

水温むより、さらに明るさと温かさを増した春の水は川の瀬音も軽やかになり、湖や池なども眩しいまでに陽の光を返して輝く水面に桜の花(花びら)が舞い落ちている風景を水色と白煉切のきんとんソボロを使い、桜の花と氷餅を花びら群に見立て表現しました。

 

②野遊び(のあそび)

20170402

白中割餡包みの蓬(よもぎ)入り雪平餅です。

白手芒豆と紫色のソボロ、蝶をのせて、穏やかな春の野を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

春になると色々な花々が咲き、つくしや蓬などの植物が芽吹き始め、動物達も動き出して野原はにぎやかになりますね。

春の華やいだ風景を表現したく、蓬入り雪平餅を使い、野原で遊んでいる蝶々とすみれの花を添えて『春の野』を表現しました。

 

③牡丹(ぼたん)

20170403

薄紅色と白煉切餡のボカシで『牡丹の花』を表しました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

牡丹の花は、日本をはじめアジア地域で古くから『花の王様』と呼ばれるほど親しまれてきました。

ボリュームのある艶やかな花姿は、一輪あるだけで気品と風格を漂わせています。

4月下旬から5月頃に見頃を迎える『牡丹の花』を練切餡を使い表現しました。

 

④山吹の里

20170404

山吹色練切餡でシベと葉をつけて『一重山吹』の花を表しました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

春は色鮮やかな花々達が開花します。

その中で際立った鮮やかな黄金色の花を咲かせる『山吹の花』

ここ数年、八重咲きの山吹の花を表現してきましたが、今年は川越市の花でもある『一重咲きの山吹の花』を表現しました。

 

 

⑤春の夜(はるのよ)

20170405

小倉餡包みの大納言かの子です。

薄紅と白の帯を巻き、桜花塩漬けをのせて、夜桜の花明りと、春風にのって花の香り漂う『春の夜』を表しました。

石井君

★和菓子職人:石井光一

▼コメント

春の夜は気候も程よく、身も心もゆったりとほぐれるようで、夜桜の花明りと花の香り漂う気持ちの良い夜となりますね。

春の夜の風情ある風景を表したく、大納言かの子豆を使い、薄紅と白の帯で『春風』と『桜の花びら』が舞っている様子を表し、桜の花の塩漬けをのせて『ほっこりとする春の夜』を表現しました。

 

201704img

和菓子職人が丹精込めた上生菓子でございます。

お茶の席等に是非、お使い下さいませ。

illust756_thumb

  ◆◆◆お問い合せ◆◆◆ 

★フリーダイヤル

0120-882638

★メール

https://secure1.future-shop.jp/~kuradukuri/mail.php

……………………………………………………………………

★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。

是非!コメントやご感想をお願いいたします。

・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn

・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3

・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K

・オンラインショップ

http://www.kuradukuri.jp/online/