採用情報

おかげさまで、開店15周年!さいたま東大成店『ありがとう大感謝祭』開催のお知らせ

おかげさまで、開店15周年!
さいたま東大成店『ありがとう大感謝祭』開催のお知らせ。

chirashi20170225

さいたま東大成店は、おかげさまで開店15周年を迎える運びとなりました。
本日、2月25日・26日の2日間。

『ありがとう大感謝祭』開催いたします。

是非、お越し下さいませ。

おかげさまで開店15周年

さいたま東大成店『ありがとう感謝祭』

◆催事期間:2月25日・26日(2日間)

 

image4

2日間限定で、
◆大好評!特大紅ほっぺの「いちご大福」。
◆春の大人気商品「桜どら焼」のプラスワンセール ←店頭でも売り切れ続出の春の大人気商品なのですよ!

◆1000円以上お買い上げのお客様に!商品券「200円」進呈!
◆可愛いお楽しみ袋などなど・・・

お楽しみ企画がいっぱいのさいたま東大成店『ありがとう大感謝祭』です。

出来立てのお菓子や、おしるこ!

是非、召し上がって下さいね。

お待ちしております。

image5

★さいたま東大成店
http://www.kuradukuri.jp/shop/higashi_oonari.php

◆住所:さいたま市北区東大成町1-531-1
◆営業時間: 9:00~20:00 ※1
◆TEL: 048-662-7288
◆:駐車場 有
※1 水曜日18:00閉店

……………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter : http://bit.ly/1vMwbm3
・ブログ : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ (PC)
http://www.kuradukuri.jp/online/ 
・オンラインショップ (スマホ)
http://www.kuradukuri.jp/sp/

2/25より、西武百貨店・所沢店リニューアル!オープン!!

2月25日!

西武百貨店

所沢店リニューアル!オープン!!

DSC_1260

所沢西武百貨店が新しくなります。

くらづくり本舗

リニューアル!オープン企画!

★催事期間:2月25日~26日の2日間。

所沢西武リニューアル20170225

くらづくり本舗・西武所沢店では、リニューアル!オープン!!を記念して、お楽しみ企画がたくさんございますので、お越し下さい。
是非とも、お待ちしております。

DSC_1254

▼西武百貨店・所沢店
http://www.kuradukuri.jp/shop/seibu_tokorozawa.php

◆住所:所沢市日吉町12-1 西武百貨店 所沢店B1
◆営業時間 10:00~20:00 
◆駐車場 有(西武)

……………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter : http://bit.ly/1vMwbm3
・ブログ : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ (PC)
http://www.kuradukuri.jp/online/
・オンラインショップ (スマホ)
http://www.kuradukuri.jp/sp/

3月(弥生)の上生菓子が決まりました。

3月(弥生)の上生菓子。

 

①春風(はるかぜ)

20170301

薄紅色、黄色、白煉切の三色のきんとんソボロで小倉餡を包みました。

氷餅をのせて、うららかに咲く花々に、暖かな春風が吹き抜けていく様子を表しました。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

寒い冬も終わり、ようやく春がやって来ました。

暖かさも安定して、色々な種類の花々たちが一斉に咲き始めます。

咲き始めた花々たちに、暖かくやわらかに吹く抜ける春風を三色のきんとんソボロを使い表現しました。

 

 

 

②花見酒(はなみざけ)

20170302

梅餡包みの山吹色雪平餅です。

「とっくり」を表し、紐(ひも)と桜の花びらを添え、春の宴には欠かせない『花見酒』を表しました。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

3月の季節は、梅の見頃が終わり・・

桜が咲き始まり『桜のお花見』の季節となってまいります。

お花見に欠かせないが「花より団子」というように観桜と共に酒肴を楽しみます。

お花見の友「徳利(とっくり)」を雪平餅を使い、桜の花びらを添えて『花見酒』にしました。

 

 

③初桜(はつざくら)

20170303

薄紅色と白煉切餡のボカシで『桜の花』を表しました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

桜の花の種類はたくさんありますが、多くメディアなどで取り上げられるのは「染井吉野」という品種で、開花予想などされる程です。

色や形も綺麗に咲き、今回は咲き始めたばかりの「染井吉野」を練切餡を使い『初桜』としました。

 

 

 

④水温む(みずぬるむ)

20170304

小豆皮むき餡包みの薯蕷(じょうよ)饅頭です。

水色を吹き付け、水輪と蝶を添えて、水の冷たさが和らぎ始めた『春の水』を表しました。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

雪解けした水が、春の暖かさとともに温んできて、水の色も明るくなり「春の水」となります。

春の水のまわりには、植物が生えたり、動物達もやってきて賑やかになる様子を薯蕷(じょうよ)饅頭を使い、水輪と蝶を添えて『水温む風景』を表現しました。

 

 

 

⑤菜の花畑(なのはなばたけ)

20170305

白中割り餡包みのうぐいす豆かの子です。

若草色と黄色きんとんソボロをつけて『菜の花畑』を表しました。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

春は様々な花々が咲き始める季節です。

中でも「菜の花」は春の風物詩のように鮮やかに咲きます。

花の黄色と茎の緑色がとても合い、畑一面に広がる菜の花は、とても壮観です。

畑一面、いっぱいに咲く菜の花畑をうぐいすかの子豆を使い、きんとんソボロをのせて『菜の花畑』を表現しました。

 

201703img

和菓子職人が丹精込めた上生菓子でございます。

お茶の席等に、是非、お使い下さいませ。

illust134_thumb

  ◆◆◆お問い合せ◆◆◆ 

★フリーダイヤル

0120-882638

★メール

https://secure1.future-shop.jp/~kuradukuri/mail.php

……………………………………………………………………

★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。

是非!コメントやご感想をお願いいたします。

・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn

・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3

・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K

・オンラインショップ

http://www.kuradukuri.jp/online/

ちょっ蔵お出かけ!まちかど情報局『ふるや工場売店』春の季節限定販売のお菓子の巻

ちょっ蔵お出かけ!まちかど情報局

『ふるや工場売店』春の季節限定販売のお菓子の巻

本日、2月10日の金曜日!

ふるや工場売店にて、J:COMチャンネル川越『ちょっ蔵お出かけ!まちかど情報局』の撮影が行われました。

久しぶりに撮影のお手伝いをしましたので、ご報告しますね。

川越出身の落語家「八っちゃん」こと古今亭志ん八さんと、川越大好きアナ「みかねぇ」こと松並美佳さんが、3月の放送に!春の季節限定販売『桜どら焼き』をご紹介をしてくださいました。

今回は、中学生の職業体験の子供達も!

店長の山崎君と一緒に出演してくれました。

DSC_0331DSC_0327

春の季節限定販売『桜どら焼き』について、八ちゃん・みかねぇにお話しました。

中学生の職業体験の子供達の食レポもお楽しみ下さいww

J:COMチャンネル川越『ちょっ蔵お出かけ!まちかど情報局』を是非、御覧くださいね。

つづきは、是非!ちょっ蔵お出かけ!まちかど情報局『ふるや工場売店』春の季節限定のお菓子の巻をご覧くださいね♪

◆チャンネル◆

 

J:COMチャンネル川越(地デジ11ch)

 

◆放送日◆

 

2017年3月4日(土)~3月11日(金)

 

◆時間(川越・坂戸・鶴ヶ島・ふじみ野・三芳・鳩山)◆

★埼玉県内J:COM各局で放送中!!

 

・土曜日 / 8:00~、12:00~、20:30~

・日曜日 / 12:00~、16:00~、22:30~

・月曜日 / 9:00~、18:00~、22:00~

・火曜日 / 8:30~、17:30~、21:30~

・水曜日 / 12:00~、18:00~、22:00~

・木曜日 / 8:30~、14:00~、18:30~22:30~

・金曜日 / 11:00~、18:00~、21:00~

 

sakura700_02

春の季節限定

『さくらどら焼き』1個 150円(税込)

★商品説明★

◆生地に卵をふんだんに使う事により、しっとり・ふっくらとした焼き皮に焼き上げ、春らしくピンク色に仕上げました。
◆白餡とミルククリームを混ぜ、その中に『桜の葉』のミンチを加えて桜の香り豊かな餡クリームに仕上げました。
◆桜の香り豊かな餡クリームのアクセントに、丁寧にやわらかく煮上げた食感の良い大納言かの子豆を餡クリーム加えて、桜色の餡クリームに仕上げ、ふんわりとした生地にサンドしました。
◆桜の香り豊かな餡クリームと餡クリームの中に入った柔らかく煮あげた大納言の食感をお楽しみ下さい。
◆甘さをおさえた、しっかりと食べ応えのある、春の新発売!『さくらどら焼き』でございます。
◆この春、おすすめの春の逸品です。
◆アレルギー:卵・小麦・乳・大豆
◆賞味期限:4日間

桜巾着

★春の季節限定『さくらどら焼き』のご注文はコチラ

http://www.kuradukuri.jp/fs/kuradukuri/c/sakura-dorayaki

★電話注文:0120-882-638

★FAX注文:049-225-0228

14G_FU~1001

★ふるや工場売店

http://www.kuradukuri.jp/shop/furuya_koujou.php

◆住所:川越市古谷上5323
◆営業時間 :9:00~19:00
◆TEL: 049-230-1488
◆ 駐車場 :有

sakura_img700

……………………………………………………………

★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。

是非!コメントやご感想をお願いいたします。

Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn

Twitter : http://bit.ly/1vMwbm3

ブログ : http://bit.ly/1FTBm5K

”春の季節限定”『さくらどら焼き』販売開始のお知らせ

”春の季節限定”

『さくらどら焼き』販売開始のお知らせ

sakura700_01

 

春の季節限定

『さくらどら焼き』1個 150円(税込)

★商品説明★

◆生地に卵をふんだんに使う事により、しっとり・ふっくらとした焼き皮に焼き上げ、春らしくピンク色に仕上げました。
(※生地をしっとりさせることに試行錯誤し、弊社オリジナルの製法で作り上げました。)
(※食べた時の皮の中の縦に入った気泡は、全体に均一に火が通ったという和菓子職人ならではの、どら焼きの焼き方です。)
◆白餡とミルククリームを混ぜ、その中に『桜の葉』のミンチを加えて桜の香り豊かな餡クリームに仕上げました。
◆桜の香り豊かな餡クリームのアクセントに、丁寧にやわらかく煮上げた食感の良い大納言かの子豆を餡クリーム加えて、桜色の餡クリームに仕上げ、ふんわりとした生地にサンドしました。
◆桜の香り豊かな餡クリームと餡クリームの中に入った柔らかく煮あげた大納言の食感をお楽しみ下さい。

◆甘さをおさえた、しっかりと食べ応えのある、春の新発売!『さくらどら焼き』でございます。
◆この春、おすすめの春の逸品です。
◆アレルギー:卵・小麦・乳・大豆
◆賞味期限:4日間

illust731_thumb

★春の季節限定

『さくらどら焼き』のご注文はコチラ

http://www.kuradukuri.jp/fs/kuradukuri/c/sakura-dorayaki

★電話注文:0120-882-638

★FAX注文:049-225-0228

sakura700_02

お口の中に広がる桜クリームと柔らかく煮あげた大納言をアクセントに、しっとり・ふんわりとした生地のコラボレーションをお楽しみください。

是非、春のおやつに、お土産に・・・

お召し上がりくださいませ。

春の季節限定販売です。 

桜巾着

sakura700_03

sakura_img700

……………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3
・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ 
http://www.kuradukuri.jp/online/

2月(如月)の上生菓子が決まりました。

2月(如月)の上生菓子

 

①若草(わかくさ)

20170201

若草色と白のきんとんソボロで梅餡を包みました。

うぐいすかの子豆をのせて、芽吹きはじめた『若草』を表しました。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

若草は、その名の通り「春に萌え出た草」のことですが、春本番の草に比べて若々しい柔らかさが強調されている言葉です。

ほんのりとした優しい色合いですが、瑞々しい印象を与えてくれます。

芽吹き始めた若草をきんとんソボロを使い表現しました。

 

 

②早わらび(さわらび)

20170202

白中割餡包みの白雪平餅です。

蕨の焼印を押し、三色の練切餡の帯を巻いて、陽光とわらびを表してみました。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

わらびは、4月から5月頃に葉が丸まって、茎の先について出てきます。

この頃が山菜として採集され、食材として出まわります。

しかし、採集される頃よりも、新芽が芽吹き始めた頃が趣もあり風情があるように感じられます。

雪平餅を使い、三色の帯を巻き「陽光とわらび」を表現しました。

 

③紅梅(こうばい)

20170203

薄紅色練切餡にサジ切りをして、満開となった白梅「紅梅」を表しました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

1年を通して咲き始めが早いのが「梅の花」です。

気品があり、香りたかい花ですね。

関東地方では、2月から3月位に見頃を迎えます。

埼玉県の越生梅林では、様々な品種が咲き「梅祭り」など開催されますので、是非、行かれてはいかがでしょうか。

素敵な梅林がご覧いただけます。

煉切餡を使い、白梅・紅梅を表現しました。

 

④黄水仙(きすいせん)

20170204

黄色と白煉切餡のボカシで、水仙の花を型取り、シベと葉をつけて『黄水仙』を表しました。

中餡は、小豆皮むき餡です。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

水仙は品種が多く、お正月前に咲きだす品種もあれば、翌年の4月頃まで咲く品種もあります。

別名もあり、雪の中でも春の訪れを告げてくれるので「雪中花」とも言います。

黄水仙は、文字通り黄色い花弁で春に咲く遅咲きの水仙です。

黄水仙を練切餡を使い表現しました。

 

⑤雪解け(ゆきどけ)

20170205

小倉餡包みの大納言かの子豆です。

白・水色ぼかしの雪輪と若草色のソボロと氷餅をのせ、雪間から芽吹き始めた雪解けを表しました。

石井君★和菓子職人:石井光一

▼コメント

冬の間、一面に降り積もった雪が春となり・・

春の陽射しに雪が解け始めてきたが、まだ解けきらずに残っている風景。

大納言かの子豆を使い、萌えはじめた雪間草と雪の白から青く澄んだ水の色に変わっていく「雪解け」を表現しました。

 

201702img

和菓子職人が丹精込めた上生菓子でございます。

お茶の席等に、是非、お使い下さいませ。

illust2675_thumb

  ◆◆◆お問い合せ◆◆◆ 

★フリーダイヤル

0120-882638

★メール

https://secure1.future-shop.jp/~kuradukuri/mail.php

……………………………………………………………………

★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。

是非!コメントやご感想をお願いいたします。

・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn

・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3

・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K

・オンラインショップ

http://www.kuradukuri.jp/online/

2月3日より創業祭記念『明治20年』あわ大福!特別割引販売開始のお知らせ

2月3日より

創業祭記念祭『明治20年』あわ大福

特別割引販売開始のお知らせ

 

日頃より、くらづくり本舗をご愛顧賜り誠にありがとうございます。

おかげさまで、創業130年を迎える運びとなりました。

image

くらづくり本舗にとって、あわ大福「明治20年」は、創業の心を伝えるお菓子として今も尚、大切に販売させていただいております。

今年も「明治20年」あわ大福を2月11日のくらづくり本舗の創業記念日を記念して、『明治20年』あわ大福を特別割引販売いたします。

【開催期間】

2月3日~2月14日まで!

awa_daifuku700

【割引期間】

2017年2月3日(金)~ 2月14日(火)

★『明治20年』あわ大福 

1個 155円(税込)⇒割引価格 1個 125円

5個入 820円(税込)⇒割引価格 5個入 670円

awa_daifuku700

【商品内容】

◆滋賀県産の羽二重糯米(はぶたえもちごめ)と本粟(ほんあわ)を蒸し上げ、柔らかなお餅に搗きあげました。
◆餡は、北海道襟裳産(えりもさん)の小豆をあっさりとした味の皮むき餡に 炊きあげました。

◆もちろん、自家製餡です。 

◆柔らかな粟餅(あわもち)とあっさりとした皮むき餡の素朴な風味を活かした大福です。

◆現在の技術で、さらに食感を軽く、口溶け良く仕上げました。

◆期間限定の販売ですので、是非この機会に、ご賞味ください。
◆賞味期限:1両日。

※あわ大福『明治20年』は、通信販売いたしておりません。
※店舗販売のみとさせていただきます。 ご了承くださいませ。

awa_daifuku700

◆当店にとって「明治20年」あわ大福が大切な商品である訳とは?◆

当店が久保町の地で創業し、2代目・中野民五郎の時代。

当時のお店は間口2間(3.6m)の小さいお店の頃、近くに同業者による出店があり、商いが落ち込んだ時期があったそうです。

商いの不振に悩んだ2代目・民五郎は、「そうだ、粟(あわ)で一般の大福より大きな大福を作って、お客様に喜んで貰おう!」売り出されたのが、当店のあわ大福でした。

大正から昭和へと時代が移り変わる時期、まだ甘い物が貴重な時代だったこともあり、粟(あわ)大福は好評を博し、商いも持ち直したとのことでした。          

「ご先祖様が大切に守り続けてくれたお店と商品、当店を支え続けてくださるお客様がいらして、私どもの商いが成り立つ・・・おかげさまの気持ちを一生涯忘れてはならない。」と原点に立ち返る商品として、あわ大福を当店の創業記念日(2月11日)の時期におつくりさせていただいております。


数年前より、その思いを商品に強く刻み込もうと、商品名を「あわ大福」から創業年度の「明治20年」に変更して販売をさせていただいております。

2代目・民五郎によりあわ大福が作られてなかったら・・・

私どもがお菓子屋を商いにしていられたかどうか・・・


多くのお客様にご贔屓にしていただけたかどうかと思いを馳せる時、

くらづくり本舗の社是「お店は、お客様の為にあり、店員と共に栄える」・「美味求心」原点がここにあると確信しております。


あわ大福「明治20年」には、そんな先代よりの熱い思いが込められた商品です。

是非!ご賞味下さいませ。

◆◆お問い合わせ◆◆

★電話:0120-882-638

★FAX:049-225-0228

★メール

https://secure1.future-shop.jp/~kuradukuri/mail.php

awa_daifuku700

……………………………………………………………………
★くらづくり本舗に『いいね!』して下さいね。
是非!コメントやご感想をお願いいたします。
・Facebook :http://on.fb.me/1FTARsn
・Twitter   : http://bit.ly/1vMwbm3
・ブログ   : http://bit.ly/1FTBm5K
・オンラインショップ 
http://www.kuradukuri.jp/online/